« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

仙台市立八軒中学校吹奏楽・合唱部(学生)3月25日

 かつて集団で取り上げたのはそんなにありません。

 「あすという日が」という合唱曲、すいません知りませんでした。

 歌は人々の心をいやし、元気を与えるものですね。

 「復興」「~がんばれ」という言葉に疲れている中、歌が被災者の心にどのようにとどいているのか、放送が楽しみです。

 仙台市立八軒中学校

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浅野 いにおさん(漫画家)3月18日

 漫画家の出演は久しぶりですね。

 申し訳ないですがソラニンは知りませんでした。

 非常に礼儀正しい人と紹介があり、好感が持てそうです。

 どんな世界観で作品をかいているのか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復興とがんばれ、福島原発事故報告書

 3月11日、日本全国が哀悼につつまれました。そして、情熱大陸も石巻の新聞記者を通してこの1年をふりかえっていました。

 「復興」「がんばれ」という言葉に疲れたという話に、復興して、がんばっていったいどこに向かって生きるのか、そう聞こえてきました。

 今回は取り上げられませんでしたが、福島原発の事故の影響はおそらく100年は続くと思います。

 あの現場を見るとなんと恐ろしいことが起きてしまったのかと思いました。

 普通の石油タンクの爆発や、ガス爆発ならばそれで終わりですが、放射能汚染は100年単位のことです。

 「福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」が出版されましたのでそれを読みたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石巻日日新聞×葉加瀬太郎(地域新聞とヴァイオリスト)

 いよいよ東日本大震災から1年。

 各テレビ局では大震災特番がいろいろとされていますね。

 石巻日日新聞(いしのまきひびしんぶん)は半年前も取り上げられました。

 予告編を見ただけで何ともいえない気分になりました。

 この日は政府主催の追悼式も行われます。

 地震、津波、原発事故。大変な被害、多くの人が苦しみ、1年たっても苦しんでいる人は多くあります。

 この苦しみに耐えられず自殺する人もあります。

 なんで苦しくても生きるのか、放射線から身を守ってなんで生きるか、もう死んだほうがよい、なぜ生きるか、その答えが求められていると思います。

 石巻の新聞記者がこの1年をどのようにまとめるのか、生放送をじっくり見たいと思います。

 石巻日日新聞

 葉加瀬太郎

 追記

 『なぜ生きる』1万年堂出版

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内田篤人さん(プロサッカー選手)3月4日

 かっこいいですよね。内田選手。

 女性にモテモテでしょうね。

 昨年から情熱は多くのサッカー選手を取り上げていますね。最近だと長友選手長谷部選手ですね。

 どんなふうにメンタル面をきたえているのか、放送が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »