« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

山下朝史さん(農家)5月30日

 日本人がフランスで農業というのがまず驚きです。

 山下さんがものすごい戦略のもと、野菜を作り、一流シェフに売っていることがわかります。

 野菜のすばらしさを知らされる放送となると思います。

 参考:パリで大人気、日本の野菜

     3つ星レストランのシェフたちが長蛇の列作る

 山下農園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事一筋人間(太田光さん)

 600回記念にふさわしい人だったと思います。

 まさか石破さんが出てくるとは思いませんでしたが、いろいろな角度から太田光という人物をとらえていたと思います。

 太田「だから落選するんだよ」、石破「落選していない」は真剣な話の中で笑いをとったのか、たんなるボケなのか。

 太田さんは1つの仕事にどうすればよいか考えている人だと30分通して思いました。

 発想はおもしろい人だとあらためて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太田光さん(漫才師<爆笑問題>)5月23日

太田さんのするどい批評にいつも驚いています。

ちょっと普通人が発言できないこという人で、鳩山さんと肩をならべているかもしれません。

第4回で登場したことを知ったのは先週でしたが、昔も今もスタイルは変わらないと思いました。

太田さんの頭脳が少しでもわかればおもしろいですね。

放送が楽しみです。

続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凡人でなく適応人(田中裕二さん)

 田中裕二さんは凡人でなく、太田光さんになくてはならない人、そのように思いました。

 ネタつくりが12年前も今も変わらないのがおもしろかったです。

 多くの人がわがままと思われる太田光の唯一の理解者が田中さんだと思いました。

 司会は本当によくあう人と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中裕二さん(お笑いコンビ<爆笑問題>)5月16日

 いよいよ番組600回となる節目ですね。

 節目にふさわしいコンビを取り上げると思います。

 売れっ子コンビと言っていいでしょう。

 太田さんと対照的にいわれる田中さん。どんな哲学でコンビをしてきたのか。

 600回、12年間の日本をよみとく放送になるとのことですので、楽しみです。

 タイタン(爆笑問題の事務所)

 タイタンハッピー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳永優子さん(ヘアアーティスト)5月9日

 ヘアアーティストの徳永さん。パイレーツ・オブ・カリビアンにスタッフとして参加しているとはすごいですね。

 大阪の専門学校からアメリカわたり、ハリウッドユニオンというなかなか入れないところに入ったそうです。

 特殊ヘア技術「エフェクトヘア」とはどんなものか、放送が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死ぬまで仕事」でよいのか(古谷さん)

  ラーメンができる過程を放送で見ましたが、1日以上かけてつくるのを見て、地道の手のかかる料理だと思いました。

 ものすごいパワー、それがあるからシンガポール出店もできるのだと思います。

 この仕事に入るとき無期懲役だと言っていました。また「死ぬまで仕事」とも言っていましたが、仕事をきわめた人ほど、言いますね。

 これで終わったということがないのが仕事だと思います。

 ただここで考えてしまうのは仕事=人生なのか。

 楽しい仕事ならば、仕事=人生でよいですが、そんな人はめったにいないですね。

 大変な仕事を乗り越えて生きていく(人生)目的はなんなのか、考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »