« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

児島玲子さん(プロアングラー)8月2日

 プロアングラーという言葉、初めて聞きました。釣り師でもよいと思いますが・・・。

 児島玲子さんのofficial web siteがありますが、オフィス北野の所属しているそうです。

 青森でのマグロ釣りについて放送されるそうです。

 どんな内容か楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥さんがいなければ(吉岡さん)

 吉岡さんの話の続きです。

 日本の自殺は今年の前半(1月から6月)で17000人だそうです。

 自殺する人がある一方、吉岡さんのように人の命を救っている人がいる。

 ものすごい矛盾ですが、「生まれてきてよかった」という喜びがない人は自殺するでしょう。

 生きる意味を問う、吉岡さんの活動だと思いました。

 また、奥さんがいなければ吉岡さんの活動は成り立たないですね。

 小児科医である奥さんが一家を支えているといってもよいでしょう。

 がんばってほしいなあと思います。

 小児科医といえば、ここの本棚にもある

Photo

 『子育てハッピーアドバイス 知っててよかった 小児科の巻』が

おもしろい本で、わかりやすいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれてきてよかったと思える医療(吉岡さん)

 吉岡さんの必死の治療、本当に感動しました。

 大変、環境の悪い中での医療。途上国の医療現場はこんなものなのかもしれないと思いました。

 そして、最後「生まれてきてよかった。生まれてきた価値があったと思える医療

医療の本質を言った言葉だと思います。

 人の命を救うということは、魂も救うものだと私は思っています。

 そういう医療に会いたいものです。

 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉岡秀人さん(小児外科医)7月26日

 インフラの悪いところでの治療する人では、情熱大陸でも以前、助産師の冨田江里子さん

フィリピンでされていました。

 吉岡さんのブログがありますが、読んでいると、医療機器のない中、経験と勘で

治療していることがわかります。

 放送が楽しみです。

吉岡さんが代表している:国際医療奉仕団 ジャパンハート

続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんな緻密なミュージシャンはいるでしょうか(斉藤和義さん)

 斉藤和義さん、曲つくりはプラモデルを組み立てるような緻密さ、妥協を許さないもので驚きました。

 1Bのどこをかえるとか1Cのここにタンバリンの音を入れるとか、ものすごい細かさですねnotes

 コツコツつくって、気張っていない人であるということは地味なことですが、

1つのことを続けていることは本当にすばらしいことだと思います。

 私たちの人生もそんなものかなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斉藤和義さん(ミュージシャン)7月19日

 斉藤さん、苦労して今の地位を築いた人ですね。

 ライブが好きな方ということで予告編もその映像でした。

 時代の波を受け、斉藤さんがどんな音楽をつくっていくのか、楽しみですhappy01

 斉藤和義オフィシャルwebサイト

 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

爆弾発言「小説を書くことは・・・」(川上未映子さん)

続きです。

驚きました。

「楽しくないし、大好きやけど、楽しくない。」

「小説を書くことは事件なんですよ。自分の日常において特別なこと。」

 私たちは自分の好きな仕事をできれば最高と思っていますが、そうでないことを

川上さんは言っているのかなあと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日はなんで祝うの(川上未映子さん)

 川上さん、哲学科だったのですね。

 さすが哲学的視点の発言が多かったですね。

 誕生日はなんで祝うの。死に近づくのに。」

 川上さんの言うとおりだなあと、友人と話していましたら

こんなことを教えてくれました。

 一休は(一休さーんと昔アニメでやっていたあのトンチの一休です)

「元旦や 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」

と言いました。元日は冥土(死)へ1年近づいたということだ、ということです。

元日になると、猫もしゃくしも「おめでとう、おめでとう」というけれど、

死に1年近づいたのに、どこがめでたいのか、頭がおめでたいのでないかと

言っています。

 死ぬことがめでたいことでなければ、誕生日も元日も本当の意味で、良い日でないと

思いました。

 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川上未映子さん(作家)7月12日

 歌手もされているとのことで、きれいな方ですね。

 川上さんのブログを読むと、この方、申し訳ないですが、ちょっと変な日本語の使い方を

してますね。普通に文章かいたらよいと思いますが・・・。

 長編小説「ヘヴン」を7ヶ月追った番組ということで、小説の製作過程をこれだけ長い間追うのは初めてだと思います。

 どのような執筆活動をしているか楽しみです。

 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我慢のビーチバレー(菅山かおるさん)

 ビーチバレーにひたむきに努力している姿から、この人は本当に努力家で

我慢の勝負をしていることがわかりました。

 どんな仕事でもそうですが、なかなかよい結果が出ないものですが、

そこを忍耐して初めてよい結果をつかむことができると思います。

 努力の大切さを教えてくれた、忍耐のすばらしさを教えてくれた

そんな菅山さんを応援したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菅山かおるさん(プロビーチバレーボール選手)7月5日

 菅山さんがビーチバレーに転向していたのは正直、知りませんでしたι(´Д`υ)アセアセ

 かおる姫といわれることあって、きれいな人ですね。

 竹下 佳江選手と仲がよいとのことで、竹下選手は昨年6月に情熱で取り上げられていますね。

 バレーボールへの想いを見せてくれる30分になると思います。

 楽しみです。

 菅山かおるオフィシャルブログ

 続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »