« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

多忙な訓練の日々(若田さん)

 若田さんの、訓練は本当に分刻みの忙しさということが伝わってきました。

 一番驚いたのは、緊急脱出の時、ロシアのソユーズを使うのでロシア語も知らなければ

ならないということでした。

 地球環境の大切さも、伝わってきました。

 若田さん、残り1ヶ月、がんばってほしいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若田光一さん(宇宙飛行士)6月28日

若田さん。

打ち上げの時はNHKでよく取り上げられていました。

いろいろなところで取り上げられているので、情熱はどのように取り上げるか楽しみです。

また、宇宙に行くと、人の身体、心はどのように変わるか、

そこを見たいと思います。

若田光一 宇宙ブログ

宇宙航空研究開発機構(JAXA)

続き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

種田陽平さん(映画美術監督)6月21日

 映画でかかせない人が美術、セットをつくる人だと思います。

 セットによって、映画の世界観が大きく変わりますね。

 どのような発想で、映画のセットが作られるか。

 楽しみです

 YOHTA-design

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステージ砂漠(孤独とは・・・瀬奈じゅんさん)

 初めての宝塚の人の登場でした。

 華やかな舞台、すばらしい歌声、表現力。

 宝塚歌劇のすばらしさが伝わってきました。

 そんなトップにいる瀬奈さん。だれもがうらやむ立場だと思いますが、

トップスターとは何かという問いに

「孤独。・・・。超孤独・・・。超孤独かー」

「その分、孤独だけど愛をもらっている。」

ショックでした。

こんな人がうらやむ立場なのに、孤独。瀬奈さんは孤独な心で生きているのだとわかりました。

はなやかなステージにはきっといいことがあると思っていましたが、孤独砂漠、東京砂漠と同じだと思いました。

愛がもらえるのはときどきのことだと思います。そんな中、孤独で生きていく。大変なことだと思いました。

参考:本当の自分ってなんでしょうか(タテタカコ)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

本当の自分ってなんでしょう(タテタカコさん)

 この前、市原隼人さんを書いたとき、本当の自分とはということで書きましたが、

タテタカコさんも同じようなことを言っています。

タテタカコさんはおととしの7月に放送された方です。

かっこ良く見てもらいたいとか、
良く見てもらいたいとか
そういうのいっぱいあるから・・・。
でも、そうじゃない自分っているんですよね。
それが本当の自分だし。

自分の心の中で
晒しちゃわないといられないものがあるんだよね。


(どうして『そのままの自分』でいようとするんですか?)

そりゃ、もちろん格好良くなりたいし、
良く思われたいし、
良識的な人間になりたい、みたいなのもある。

こういう人間っていうか、
それ以上になれないんですよ。
だからそのままの自分を出すことしか出来ない。

タテタカコ 情熱語録より

 よい人に見てもらいたい、良識的な人間になりたいと思っていても、それ以上になれない。

だからそのままの自分を出すことしか出来ないと言われています。

 人間関係などで苦しいとき、生きているそのものが虚無感に思うとき、

自分なんてたいした存在ではない、だからそのまま出すことはできないと思っています。

 本当の自分とは、深いテーマだと思います。

タテタカコ ネット

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瀬奈じゅんさん(宝塚歌劇団)6月14日

瀬奈じゅんさん。

すばらしい名前ですね。

私の記憶ですが、宝塚の人が取り上げられるのは初めてではないでしょうか。

今までなかったのが意外です。

情熱の次回予告の文章もかなり気合の入った文ですね。

宝塚を実際にこの目で見たことがないので、テレビを通して見ることができるのが楽しみです。

宝塚歌劇のホームページ

エリザベート(ブログパーツもはってみました)

続き

| | コメント (1) | トラックバック (0)

篠原洋一さん(南極観測隊 料理人)6月7日

 何しろ過酷なスケジュールの毎日のようです。

(参考:南極越冬隊は何を食べているのか――南極越冬隊調理担当・篠原洋一さん)

 1年間の生活が季節によって過酷ですし、毎日同じ風景でしょうから、

食事が一番の楽しみになるのだと思います。

 南極から環境問題も見えてくると思いますが、

南極生活はどういうものか、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当の自分とは(市原隼人さん)

 まずは、熱血ボーイimpactが第一印象でした。

 ただ、取材当初の言葉がとても心に残りました。

 テレビカメラtvがまわっているときの自分が本当の自分か、

誰にも見られていない時が本当の自分か。

 本当の自分というのは、本当の心(本心)ということだと思いますが、

(本心から言動に出ますから)

普段からわからないものではないでしょうか。

 ある友人がいっていました。

「自分が難しい」つまり自分の心でさえ、自分にはわからない。

まして他人の心はわからない、夫婦といっても何を考えているかお互いにわからない。

 30分放送された市原さんの姿といっても一部分だと思います。

 本当の自分を知ることは難しいなあと思いました。

  皆さんは本当の自分とは何だと思いますか?

 参照:本当の自分ってなんでしょう(タテタカコさん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »