« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

職人漫画家ですね(秋本治さん)

 秋本さん、マンガの細かさ、取材が細部までわたっているのを見て、まさに職人だと思いました。

 だから、しっかりした絵になるのだと思います。リアルティの追求、すごいですね。

 また、細かい性格だから締め切りを必ず守ることにつながるのでしょうね。

 こういう人を見習いたいと思います。

 そして、主人公 両さんと正反対の性格の秋本さん。このギャップに驚かない人はないでしょうねsign03

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上田泰己さん(生命科学者)3月1日

 上田泰己さん、生命科学者。

 まず生命科学者とはなんぞや、という感じです。そこからわからないので、よく見たいと思います。

 また、体内時計clockについて、やるようです。

 調べてみたら、体内時計は25時間だそうで、そのままだと2週間ほどで昼夜逆転しますが、日の光りをあびることでなおるそうです。

 どんな科学的な話が聞けるか楽しみですhappy01

 理化学研究所http://www.cdb.riken.jp/jp/02_research/0202_creative20.html

 続きhttp://zyonetu-t.txt-nifty.com/blog/2009/03/post-72bc.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メメントモリ(朝日新聞2月22日「死を思う―映画と小説を鏡にして」社説より)

 かなり情熱大陸と離れますが、今日は朝日新聞の社説でおもしろいものがあったので書きます。

 http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2

 「おくりびと」が270万人見たと。すごい数ですね。それだけ死をテーマにした作品が多くの人に受け入れられているのだと思います。

 メメントモリ(死を想え)という言葉を思い出します。

 明るい生にするには死をまじめに見つめなければならないということです。

 社説では「老いや病の先にある死は誰も避けられない。死は生きることの中に埋め込まれた、私たちの一部である。しかし日本社会では病院で亡くなる人が増え、日常生活の中で死の具体的な姿は見えにくくなっている。」とありますが、私たちの一部というよりも、基礎なのではないでしょうか。なぜなら死なない人はいませんから。

 死を語ることは暗い、ということはないことが、おくりびとのヒットでわかりました。

 皆さんはどう考えますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋元康 情熱語録「思いつくこととサービス精神」

 時々、過去の放送分について感想を書きます。

 今日はおととし9月30日放送の秋元康さん。

 今をときめく、放送作家だと思います。どうしてこんなに才能があるのか、

語録では次のようにあります。

「思いつくということと、サービス精神という意味では、
それも1つの才能だとすれば、才能だと思いますよ。」(http://www.mbs.jp/jounetsu/2007/09_30.shtml

 この2つがあれば、私も秋元康になれるかなtv

 これはどんな分野にも通じることだと思いますので、心にとどめてがんばりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋本治さん(漫画家)2月22日

 秋本治さん、言わずと知れた日本を代表するマンガ家ですね。

 こち亀で有名ですが、こち亀といえばカメダスですね。

 あの緻密なマンガはどのように作られているのか、放送が楽しみです。

こち亀.com   http://www.j-kochikame.com/

続くhttp://zyonetu-t.txt-nifty.com/blog/2009/02/post-3397.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田中将大さん(プロ野球選手)2月15日

 田中将大さん、ゴールデンイーグルスの選手です。

 話がそれますが、ここでよく「楽天」とつける人が多いですが、つける必要があるでしょうか。

 単なる企業の宣伝に協力する必要はないと思います。

 それから「ジャイアンツ」とか「ベイスターズ」とか「ドラゴンズ」とか「タイガース」ですぐにわかると思います。

 かつて、ニュースステーションで(かなり古い番組ですね(A;´・ω・)アセアセ

そのような表記をスポーツコーナーでしていましたね。

 さて、田中選手、ブログがあります。

http://plaza.rakuten.co.jp/masahirotanaka/

 新人王もとった田中選手。どのように成長していくか。番組が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えさせられました(椿姫彩菜さん)

 感想の続きです。

 録画したものをもう一度見ましたtv

 「生きる意味がわからなかった」というところ、ドキッとしました。偏見を受けるということは苦しいことだし、

 ブログの炎上も差別的非難、中傷で、それで自殺した韓国の女優が最近話題になりましたが、

偏見・差別は本当にその人を苦しめるものだと思います。

そんな苦しいのになぜ生きるか、生きる意味は何か、真剣に考えずにおれなかったのが椿姫さんだと思います。

自分も生きる意味を考えなきゃーと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芯の強い女性(椿姫彩菜さん)

 椿姫彩菜さん。本当に芯の強い、すばらしい女性で感動しました。

 彼女のブログには1000以上のコメントがついていました。すごいことですね。

http://ameblo.jp/tsubaki-ayana/entry-10200277335.html#main

 自分の病気を、誇りにして、モデルとして頑張っている。ただ、その裏には大変な苦悩があることがわかりました。

 病気の苦しみは大変なものだったと思います。あの行方不明になった人も苦しかったのでしょう。なんで生きなきゃいけないのか、考えずにおれませんでした。

 椿姫彩菜さん、これからもがんばってください。

 続く

http://zyonetu-t.txt-nifty.com/blog/2009/02/post-f64d.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松井大輔さん(サッカー選手)2月8日

 松井大輔さん、サッカー選手です。

 情熱大陸は結構、サッカー選手を取り上げますね。

 500回放送の時も澤昌克さんというサッカー選手が出てました。(http://www.mbs.jp/jounetsu/2008/05_25.shtml

 松井大輔さんのオフィシャルwebページがあるのですが、アクセスできないですね。(http://www.campo.jp/matsui/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »